ブログ

日日是好日(にちにちこれこうにち)って知っていますか?

「心をととのえるスヌーピー 悩みが消えていく禅の言葉」という本を読みました。
スヌーピーや他のキャラクターたちが繰り広げる日常の中に、禅の教えに通じる言葉や考え方が多く含まれていることを示しています。
例えば、「今を大切に」「人と比べない」「のんびりでいい」「貴重なひとりの時間」「自分のペースで頑張ろう」「思いやりを持つ」といったテーマが描かれています。

禅の言葉とは、禅の教えや哲学を表現するために使われる言葉やフレーズのことを指します。これらの言葉は、シンプルでありながら深い意味を持ち、人々の心を落ち着かせ、内省を促し、悟りや気づきを得るための指針となります。

「日日是好日(にちにちこれこうにち)」は、毎日が素晴らしい日であるという意味を持ちます。
一見すると「どんな日も良い日」と解釈されがちですが、実際にはもっと深い意味が含まれています。

一年の中には、晴れの日もあれば雨の日もあります。
晴天にはそのすがすがしさがあり、雨の日には雨にしか感じられない美しさがあります。
同じように、人生にも良い日もあれば、そうでない日もあります。
光が当たる時もあれば、不運に見舞われる時もあります。
それぞれの瞬間を受け入れ、それを味わうことの素晴らしさを教えてくれるのが「日日是好日」です。
どんな日も同じ一日であり、その大切さに目を向けることが大切です。

たいちとの日々における「日日是好日」

パパが息子のたいちと過ごす中で、この「日日是好日」の考え方はすごく素敵で参考にすることがたくさんありました。
たいちは自閉症スペクトラム症で、できることもできないこともあります。
例えば、たいちは歩くことはできませんが、座ることはできます。そのため、座位の姿勢を保ちながらお尻で移動できます。
自分で食事の用意はできませんが、スプーンを使って自分で食事を取ることができます。
話すことは難しいですが、必死に伝えようと努力をします。絵カードで要求もできます。

パパにとって、たいちができることもできないこともすべてがパパの大切な息子であり、そのままのたいちを愛しています。
焦ってもできないことが急にできるようになるわけでもなく、他人と比較しても何も変わりません。
だからこそ、今ある現実を受け止め、いいことも悪いこともすべて受け入れて、たいちと楽しく生きることを大切にしています。

毎日が順調に進むわけではありませんが、どんな日も「好日」に変えるのは自分の心次第です。
たいちと過ごす日々の中で、どんな状況でもその瞬間を楽しみ、価値を見つけることが大切だと感じています。
晴れの日も、雨の日も、それぞれが持つ美しさを感じながら、息子と共に生きていければと思います。

たいちのパパ

関連記事

  1. たい散歩を始めて気づいたこと

  2. 息子と一緒に夢を叶えるための目標を考える

  3. 「足るを知る」に触発され、自閉症の息子との暮らし方に変化が生まれました…

  4. 自閉症の息子が言葉を覚えるまで|コミュニケーションシステムPECSとの…

  5. 朝の散歩で得られる心の充実

  6. ブログのロゴを作りました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP